相続放棄の手続きは京都の司法書士に任せておけば何かと安心

パソコンと女性

相続放棄は京都の司法書士事務所に相談を

家計簿

遺産相続という言葉には大金や高価な品物を譲り受けるというイメージがあり、羨ましいと感じられる方も多いかと思います。しかし、必ずしもそうではありません。遺産に関するトラブルとして良く知られているのは配分を巡る問題ですが、もう一つは望ましくない遺産の存在です。
相続される遺産には、金銭的に価値のある財産だけではなく、借金などの負債も含まれているのです。また、離れて暮らしていた家族から家屋や土地を相続した場合、その扱いに困るというケースも少なくありません。特に歴史ある建物の多い京都では、取り壊してしまってよいのか迷うこともあるでしょう。
事情によって遺産を相続したくない場合は、相続放棄によって権利を手放すことができます。複雑な法的手続きを個人で行うのは大変ですので、相続放棄は京都の司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。司法書士は相続人を代理して、裁判所に提出する書類を作成することができます。作成した書類は、亡くなった方(被相続人)の最後の住所地、京都で亡くなられた場合は京都を管轄する家庭裁判所に提出します。なお相続放棄の手続きは、ご本人が相続人であることを知った日から数えて3ヶ月以内にしなくてはいけません。