相続放棄の手続きは京都の司法書士に任せておけば何かと安心

パソコンと女性

被相続人が京都に住む未婚の兄弟である場合の相続放棄について

通帳

相続財産は現金や預金などプラスの財産もあれば、借金などマイナスの財産もあります。マイナスの財産が多い場合などは、家庭裁判所に対し相続放棄を申述して、相続をしないようにすることもできます。京都に住む未婚の兄弟が、プラスの財産より負債などのマイナスの財産を多く残して亡くなってしまったときに、具体的に相続放棄がどのような流れになるのかを考えてみましょう。
未婚の兄弟に隠し子や養子などがいないなら、相続の順番は、「1.ご両親」「2.あなた」となります。したがって、まずはご両親が相続放棄をして、それからあなたが相続放棄をする流れになります。もしご両親が相続放棄をしなければご両親が相続することになるので、ご自身の相続放棄の手続きは不要になるでしょう。相続放棄を申述する際に提出する書類は裁判所のホームページなどでも確認できますが、相続放棄は相続関係に強い司法書士を探してみるのがおすすめです。専門家にお願いすることで、安心して手続きができるというメリットもあります。遠方の司法書士にお願いすると煩雑なことがあるかもしれませんので、京都にお住まいでしたら、京都で探してみることをおすすめします。相続放棄は京都の司法書士事務所にお任せしてみてはいかがでしょうか。